*

ヘアカラーの種類には白髪染めがあるけど何が違うの?

      2018/04/17

ヘアカラーの種類には白髪染めがあるけど何が違うの?

ヘアカラーにも種類がある

ヘアカラーと聞くとイメージするものは何ですか?その人によってイメージは違うと思います。若い人ならお洒落なアッシュカラーとかをイメージするかもしれませんね。年配の人なら白髪染めをイメージするのではないでしょうか。

髪の毛をカラーするのは当たり前の時代になりましたが、その人の髪の毛の状態や目的によって使う種類が変わってくるため、実はとても奥が深いものなのです。


市販されているヘアカラーにもいくつか種類があります。

  • 酸化染毛剤
  • ヘアマニキュア
  • カラートリートメント
  • ヘナ
  • 感光性染毛クリーム
  • カラースプレー

ざっとあげただけでもこれだけの種類があります。市販のヘアカラーや美容院などで一番メジャーなものとして使われているのは酸化染毛剤と呼ばれるものになります。今は一般的にヘアカラーというと酸化染毛剤のことを指すことが多いので、ここでも酸化染毛剤について説明したいと思います。

最近では色名を前面に出してアッシュだとかミルクティーだとかそういう横文字が多いので、消費者からするとハッキリ言って分かりにくいですよね。色んなメーカーがあの手この手でネーミングを工夫して市販しています。

だから商品名なのかヘアカラーの種類の違いなのか分かりづらく、知識がなく色選びをしてしまうと失敗してしまう可能性があるので気を付けて下さい。

例えば、最近流行りの泡カラー。

実はこの泡カラーにも、酸化染毛剤タイプとカラートリートメントと呼ばれるタイプがあります。どちらも泡に違いはないのですが、中身はまるで別のものだったりするのです。

自分で髪染めるのと美容院のカラーの大きな違いとは?

白髪染めとお洒落染めがある

白髪染めとお洒落染めがある

酸化染毛剤は大きく分けて白髪染めとお洒落染めに分類されます。白髪染めはグレイカラー、お洒落染めはファッションカラーと呼んでいます。最近では市販のカラーでも白髪染めは白髪染めとしっかり表記されていますよね。

お洒落染めと表記されていることはあまりないようですが。

じゃあ何が違うのか??黒髪に白髪染めを使ったり、白髪にお洒落染めを使ったりするとどうなるのか?疑問に思った方も多いかと思いますので説明したいと思います。


白髪がないのに白髪染めを使うとどうなる?

もし白髪がないのに白髪染めを使うとどうなる?

私もまだヘアカラーの知識がなかった時にこんな経験があります。私がまだ学生だったころ、髪の毛が明るかったので黒染めしようと思って、近くのドラッグストアで『ブラック』とかいてある髪染め薬剤をレジに持って行きました。

そしたら店員さんが『これは白髪染めですがよろしいですか?』と聞いてきたのです。『え?』って感じでしたね。よく分からなかったので、とりあえずその場はキャンセルにして、コンビニで黒染めと書いてあるギャッツビーのを買いました。笑

いま思うと、ヘアカラーにもお洒落染めと白髪染めがあることなんて知りませんでした。なんせ美容室でカラーリングをしたこともなかったんです。今となっては、もしそれを購入して使ってても別に間違ってはなかったんです。

ちょっとややこしいのですが、白髪染めのブラックとお洒落染めのブラックの違いに違いがあるかというと、実際はないです。

白髪染めとお洒落染めの違い

白髪染めとお洒落染めの違い

  • お洒落染めは黒髪の人に使う薬剤。
  • 白髪染めは白髪混じりや全部白髪の人に使う薬剤。

このふたつで何が違うのかと言うと、薬剤のしくみが違うのです。お洒落染めは髪の毛のメラニン色素を脱色しながら色を入れます。それに対して、白髪染めは黒髪の部分と白髪の部分と両方あります。黒髪に対してはメラニン色素を脱色しながら色を入れつつ、白髪の部分には色を入れるという反応が同時に行われます。

そのため、白髪の部分に入る色味はブラウンの色味でなければ不自然になってしまいます。なので白髪染めは全てブラウンベースの色で出来ています。それなので、白髪が無くてもブラウンベースの色で染めたい人は白髪染めで染めてもなんら問題ないのです。

そして白髪染めは、黒髪を明るくしながら白髪を暗くするという相反する反応が同時に起きているため、全体的にかなり明るくすることはできません。白髪に対して入れる色を薄くすれば明るく見えやすいですが、その代わり白髪に色が薄くしか入らないので、それは染まってることにならないのです。

白髪はそんなに多くはないけど少しはあるって人もとりあえず白髪染めにしておいた方が無難だし、綺麗に染めるためには必要なことです。ここからはさらに専門的な説明をしますので、興味がある人は参考にしてみて下さい。


白髪染め(グレイカラー)

白髪染め(グレイカラー)

黒髪と白髪に対応。黒髪に対してはトーンアップ(髪を明るくする)、白髪に対してはトーンダウン(染料を入れて髪を暗くする)が同時に行われる。要するに、黒髪は明るくしながら色を入れて、白髪に対しては色のみが入るということです。

そうすることによって、黒髪と白髪が均一な明るさと色になります。一番肝心なところは、白髪に自然な髪の色を補うために『ブラウンベース』になっているということです。もしブラウンベースでなかったら、例えば赤の色味を白髪に入れたら、ただ赤くなってしまいます。

それじゃ困りますよね?あくまで赤茶色にならないと困るわけです。白髪染めには他にも特徴として白髪30%ベース仕様になっていて、お洒落染めに比べて染料が濃いのです。どういうことかというと、白髪が多ければ多いほど仕上がりの染まりが薄く(明るく)なってしまいます。

白髪が30%ある状態という基準を設けて、その30%ある状態での仕上がり目安で作られています。もともと白髪が多い状態をベースに作られているカラー剤なので、黒髪100%に使用したら、表記通りの明るさや染まりに仕上がりません。

予定より暗くなります。白髪30%っていったらかなり多いです。髪の毛が10本あったら3本は白髪ってことですからね。頭髪全体が10万本ある中で、3万本が白髪って考えるとすごい量です。

お洒落染め(ファッションカラー)

お洒落染め(ファッションカラー)

お洒落染めは黒髪のみ対応になっていて、黒髪を明るくしながら色を入れるわけです。例えば赤だとしたら、黒髪を茶色ぐらいまで明るくしてから赤の色味を乗せる。そうすると仕上がりの色は赤茶色になるわけです。

髪が本来持つ色(メラニンの色)が存在していて、それが大きく関係しています。白髪には茶色がないので補ってあげる必要があるわけですね。

白髪染めとお洒落染めの塗り方

白髪染めとお洒落染めの塗り方

白髪染め

塗布方法:基本的にベタ塗り。

塗布順序:フロントや分け目など、白髪の多い所から塗布する。

お洒落染め

塗布方法:根元は薄塗りで、地肌から少し浮かせる。

塗布順序:ネープより塗布。

まとめ

  • 一般的にヘアカラーと言えば医薬部外品の酸化染毛剤のことを指す。
  • 白髪染めとお洒落染めがある。
  • 白髪が少しでもある人は白髪染めを使用する。

間違って白髪があるのにお洒落染めをしてしまうと、白髪の部分が赤なら赤、青なら青になってしまいます。不安な人は、白髪があってもなくても大丈夫なように常に白髪染めでヘアカラーするのをおすすめします。






  関連記事

自分で髪染めるのと美容院のカラーの大きな違いとは?

自分で髪染めるのと美容院のカラーの大きな違いとは?

自分で髪染めるのと美容院でカラーするのとの大きな違いって?市販のヘアカラー剤のメリットとデメリットをまとめました。

市販のミルクジャムヘアカラーで自分の髪の毛を染めてみた!

自宅でカラーするなら失敗しにくいというルシードエルのミルクジャムヘアカラーがいいんだとか。使ってみた感想を紹介します。

失敗しない市販ヘアカラーは?色選びと使用方法

市販のヘアカラーで髪染めする時の薬剤の種類と色の選び方、そして使用方法や注意するポイントなどを説明しています。

生理や妊娠中のヘアカラーは大丈夫?胎児に影響あるの?

生理中や妊娠中にヘアカラーはしても大丈夫なのか?頭皮のかぶれやアレルギーについても併せて説明しています。

セルフでヘアカラーするなら資生堂のプリオールがおすすめの理由

資生堂からセルフ専用のヘアカラー『プリオール』が発売!価格もクオリティも、そのコストパフォーマンスの高さは抜群です。230gで1,382円(送料無料)

黒髪美人に!失敗しない市販の黒染めはこれがおすすめ!

黒髪にしなければならない時は突然やってくるものです。自分で黒染めをしても失敗しない方法とおすすめも紹介しています。

セルフカラーは超簡単!市販ヘアカラーで髪の毛染めてみて?

市販のヘアカラーで髪の毛を染めると失敗しやすいイメージありませんか?実はもっと便利で超簡単に染めることができるのです。