*

髪の色が緑になっちゃった!注意が必要なヘアカラーとは?

   

髪の色が緑になっちゃった!注意が必要なヘアカラーとは?

…髪の色が緑に!?

日々のサロンワークの中で、いつも通りお客様のヘアカラーをしていたら…髪の毛の色が緑に!?

いつも通りヘアカラー剤を塗布して放置して、テストしたらOKだったので「それではシャンプーしますね」と。そしてカラーシャンプーが終わり、セット面に案内していつも通りブローしてみた…そして仕上がりをみて、ビックリ!

なんと『苔のような汚い緑色になってしまった…』

使った薬剤は決してマットなどの緑色系ではなく、普通のブラウン。なのになぜ?

実はこれ、よくあることなんです。お客様からしたら、「どうしてくれるのよ!」とかなりパニックになると思います。…しかし、原因はお客様にあったのです。

普段自宅で市販のヘアカラーを使っている人も髪の毛が緑色になってしまう恐れがあるので、この機会に参考にしてみて下さい。


髪の色が緑になる原因とは?

最近は、あらゆるタイプのヘアカラーが市販されていますよね。ヘアクリームを髪に塗布してそのままにするだけで徐々に染まっていく市販ヘアカラーがあります。じつはこれが髪の毛が緑色になってしまうという原因だったのです。

『感光性染毛クリーム』という市販ヘアカラー。

これは光(紫外線など)を触媒にすることによって発色するタイプのヘアカラーなんです。つまり髪の毛にこの感光性染毛クリームを塗ってそのまま時間を置くと、自然光によって髪の毛が染まるというしくみ。

もちろんこの感光性染毛クリーム自体が悪いわけではなく、普通に使う分には希望のブラウンやブラックに染めることができます。問題なのはこの感光性染毛クリームを使って髪を染めている人が美容室で普通のヘアカラーをすることになった場合なのです。

感光性染毛クリームの特徴として、髪の毛を染めるために硝酸銀(硫酸銀)を配合しているため、それが髪の毛に残留しやすく、その次に美容室で使っている酸化染毛剤でヘアカラーをすると、髪の毛が緑色に変色してしまうという厄介なものなんです。

つまり美容室で使用しているヘアカラーは酸化染毛剤で、市販のヘアカラーも大半が酸化染毛剤です。しかし市販の中にはこういったタイプのものもあり、それがたまたま酸化染毛剤と相性が悪かったということになります。

それなので、次回美容室に行くまでの間に自分で市販ヘアカラーを挟んでしている人は注意が必要です。もしこういったタイプの市販ヘアカラーを使っていると見事に緑色になってしまいます。

では対処法は?

そして 対処法なんですが、以前にメーカーに問い合わせたところ、『硝酸銀を分解するのはヨウ素であるため、身近なものとしてはイソジンうがい薬を塗布し、洗い流す。』ということでした。それから通常通りのヘアカラーに入れば問題ないそうです。

しかしヘアカラーの前に事前に分かっていればいいのですが、なかなかそうもいかないですよね。

普通は緑色になってしまって後から気づくことが多いです。お客様がご来店された状態では、そのクリームによる染色なのかどうか判断がつきません。カルテを見て前回のヘアカラーから日が経っているにも関わらず新生部が少ないようであれば要注意です。

美容室にイソジンを常備していることはないかもしれませんが、最近はホームカラーする人が年々多くなっているので、いざという時のために一本だけでも置いておくと安心ですね。

もしくは最初に市販のヘアカラーをしているかどうかをお客様に聞いておくのがいいかもしれません。もし感光性染毛クリームを使っている人がいたら美容師さんにあらかじめ伝えて置く方がいいかもしれません。






  関連記事

ハリコシの出る白髪染め!グローイングショットカラートリートメントの効果と口コミ

ハリコシの出る白髪染め!グローイングショットカラートリートメントの効果と口コミ

白髪で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 近年、それらの悩みに向けて開発されているのがカラートリートメントです。 これらの商品は、日常で自分で簡単に使っていくことが

化粧品を買う前に!医薬部外品との薬事法分類の違い

薬事法には分類があり人体への影響の大きさから化粧品と医薬部外品、そして医薬品に分類されます。有効成分と効能・効果について。