*

セルフカラーは超簡単!市販ヘアカラーで髪の毛染めてみて?

      2018/04/17

セルフカラーは超簡単!市販ヘアカラーで髪の毛染めてみて?

自分で髪の毛を染めたい

最近、市販のヘアカラーで家で自分でカラーリングをしている人が増えています。その理由としては、『なるべく安くヘアカラーしたい』『美容院に行く時間がない』『美容院が苦手』『自分でやりたい』などなど、いろんな理由がありますが一番の理由は『安く済ませたい』というのが多いんじゃないかなと思います。

最近の市販のヘアカラーは美容室には及びませんがそこそこ綺麗に染まるようになってきています。髪の毛は平均して1カ月に1㎝伸びます。白髪の多い人は白髪が目立ってくるので、早い人なら1カ月に1回はヘアカラーするし、遅くても2カ月に1回のペースになっています。

でもこれはあくまで根元の話で毛先はまた別問題です。ミディアム~ロングの人であれば毛先の色落ちも気になってきますよね。これがまた厄介なのが明るく染めている人ほど早く、2週間~1カ月ぐらいで色落ちしてしまいます。

そうすると全体的に明るくなりすぎてしまったり、傷んでいるように見えてしまいますよね。いつも綺麗な髪の毛に保つのはとても大変なことです。


市販のヘアカラーによるセルフカラーの特徴

  1. 薬剤費のみなので圧倒的に安い。 
  2. 自分で好きな薬剤を選べる。 
  3. 夜など好きなタイミングでヘアカラー出来る。
  4. パッケージや色のネーミングが可愛い。 
  5. 部屋やお風呂場、服やタオルなどを汚す可能性がある。
  6. 不特定多数の人が使用するため、どんな髪質にも染まるように薬剤が強めにできている。 
  7. 臭いの少ないアルカリ剤をメインとしているため、毛髪に残留しやすくのちのダメージがある。

美容院とセルフカラーの最大の違い

もし美容院のカラーリングと自宅のセルフカラーとの違いを美容師さんに聞けば、美容師さんはこう答えると思います。「技術と施術環境がぜんぜん違いますよ。」と。

薬剤そのものは市販のヘアカラーだからといっても基本的に酸化染毛剤(医薬部外品)に違いはなく、美容院で使用しているのも市販のヘアカラーも大して変わりません。※ヘアマニキュアや特殊なものは除きます。

しかし、

  • プロの技術でやってもらえる
  • 施術の環境が整っている

この差は埋めらないのは当然ですよね。しっかりとしたヘアカラー理論をもったプロの美容師が、施術しやすい環境で一人一人の髪質に合わせてやってくれるわけですから。そしてヘアカラーは何よりもポイントなのが塗布の技術やスピードが要求されるということです。

髪の毛が染まるのは化学反応なのでタイムリミットがあり、その短いタイミングを外すと失敗します。いつも当たり前に施術をしている美容師でも、その技術を習得するまでに何年も費やしています。

もし失敗してしまうと直すのはさらに難しくなります。余計な費用や時間がかさむうえに、髪への負担も大きくなるので注意しましょう。市販のヘアカラーによるセルフカラーは、手軽で安く済みますが仕上がりはそれなり。美容院は仕上がりは満足しますが料金は高くつく。

ヘアカラーというデザイン費にあなたならどちらを選びますか?


セルフカラーにはヘアカラートリートメントが便利。

最近では上記のような問題をカバーできるヘアカラートリートメントという商品が発売されて人気を博しています。美容院に頼らなくてもセルフカラーで綺麗に髪を染めることができるようになりました。

ヘアカラートリートメントとはセルフカラーをしやすくしたもの。これは『トリートメントとカラーリングが同時に出来るもの』で、言い換えればトリートメントと同じ感覚で使うだけでヘアカラーがばっちり出来るのです。

ヘアカラー剤のように根元の黒い髪を明るくすることは出来ませんが、白髪を染めたり色落ちしたところに色を入れることができるのです。しかも髪へのダメージもまったくありません。

例えば美容院でヘアカラーしている人でも次回行くまでの間に白髪や毛先の色落ちが気になったり、ヘアカラーで髪が明るくなりすぎたのを落ち着かせたいってことはありますよね。そういう場合にもヘアカラートリートメントがめちゃめちゃ便利なんです。

例えばこういう人におすすめです。

  • 白髪を簡単に染めたい人
  • 毛先の褪色を落ち着かせたい人
  • 髪を染めながらトリートメント効果で髪質をよくしたい人
  • 気になった時にすぐヘアカラーをしたい人
  • かぶれや頭皮が心配な人
  • できるだけ安く済ませたい人

使い方は簡単!お風呂場だけで済ませることができる。

使用方法は髪にまんべんなく塗布して10分置いて流すだけです。そのあとにシャンプーします。最近は泡タイプがあるので、塗りやすさも抜群。時間がかからず、直接髪の毛に付けるだけでいいので、シャンプーの後のトリートメントと同じ感覚ですね。

お風呂に入ったらすぐに髪の毛をちゃちゃっと染めて、その間に体を洗ったり湯船に浸かっていればあっという間に染まります。それなのでセルフカラーで白髪染めする場合や、毛先が明るくなってしまう方にはヘアカラートリートメントがこの上なく便利。

保存が効くため、前回の余りをそのまま使うことができます。1本3,000円ぐらいの物が多いのですが3~5回分ぐらいあるので長い目で見ればかなり安く済ませることができます。

価格だけでみると激安とまではいきませんが、仕上がりや手軽さも考慮するとコストパフォーマンスは最高です。まさに美容院並みの仕上がり。色はブラックの他にダークブラウンもあります。

一気に黒くしたければブラック、ちょっとだけ落ち着かせたいのであればダークブラウンを使えばいいのです。明るさは時間で調整できます。






  関連記事

市販のミルクジャムヘアカラーで自分の髪の毛を染めてみた!

自宅でカラーするなら失敗しにくいというルシードエルのミルクジャムヘアカラーがいいんだとか。使ってみた感想を紹介します。

自分で髪染めるのと美容院のカラーの大きな違いとは?

自分で髪染めるのと美容院のカラーの大きな違いとは?

自分で髪染めるのと美容院でカラーするのとの大きな違いって?市販のヘアカラー剤のメリットとデメリットをまとめました。

セルフでヘアカラーするなら資生堂のプリオールがおすすめの理由

資生堂からセルフ専用のヘアカラー『プリオール』が発売!価格もクオリティも、そのコストパフォーマンスの高さは抜群です。230gで1,382円(送料無料)

失敗しない市販ヘアカラーは?色選びと使用方法

市販のヘアカラーで髪染めする時の薬剤の種類と色の選び方、そして使用方法や注意するポイントなどを説明しています。

泡カラーで髪の毛の色が暗くなるヘアカラーの失敗

市販の泡カラーが人気の反面、自分でカラーリングして失敗するケースも。髪の毛が暗くなり過ぎないように髪染めるには?

ヘアカラーの種類には白髪染めがあるけど何が違うの?

髪の毛のカラーにはお洒落染め(ファッションカラー)と白髪染め(グレイカラー)があります。その違いや黒髪の人が白髪染めを使用するとどうなるか?を説明。

黒髪美人に!失敗しない市販の黒染めはこれがおすすめ!

黒髪にしなければならない時は突然やってくるものです。自分で黒染めをしても失敗しない方法とおすすめも紹介しています。