*

セルフでヘアカラーするなら資生堂のプリオールがおすすめの理由

      2018/04/17

セルフでヘアカラーするなら資生堂のプリオールがおすすめの理由

当サイトでは、自宅でセルフでできるヘアカラーを上手にする方法を紹介しています。ドラッグストアなどの市販品や美容室のヘアカラーとしても最先端を走っている業界の大手資生堂のヘアカラー。

その名も『PRIOR(プリオール)カラーコンディショナー』このプリオールは、カラーコンディショナーだけでなく、スキンケアの化粧品もラインナップとして一式揃っています。

それらを全部合わせて『プリオール』という名のブランド。コンセプトは、大人の女性ならではの悩みに応えた商品とのことです。これは主に白髪染めをするヘアカラーですが、これの何がいいのかを詳しく紹介しますね。


プリオールは白髪染めのカラーコンディショナー

商品のキャッチフレーズは、『生え際白髪目立たない』となっています。白髪染めとしては当たり前といえば当たり前なのですが。それぐらいしっかりと染まりますよ、ということなのかもしれません。

従来のヘアカラーは、医薬部外品という分類の、正式名称でいうと『酸化染毛剤』というものが主流でした。これはいまでも美容室では主流のヘアカラーとして使われています。

いま、ドラッグストアやネット通販で販売されているセルフのヘアカラーのうち、およそ7割はこの酸化染毛剤です。

今回資生堂より発売されたこのプリオールカラーコンディショナーは、一般的にはヘアカラートリートメントと呼ばれる物。こちらは化粧品の分類になります。

コンディショナーとトリートメントという違いは、現状ではほとんど差がなくなってきているので、ネーミングの違いだと思って下さい。基本的にどちらも同じ成分でできています。

薬剤そのもので言えば、人体に対して変化を与えるものとしては、医薬部外品の方が強力です。それなのに、なぜセルフでするヘアカラートリートメントが世の中で人気になってきているのかというと、こういう理由があります。

髪の毛がまったく傷まず、髪質が良くなる。

髪の毛がまったく傷まず、髪質が良くなる。

ヘアカラートリートメントは、その名前の通り、化粧品の成分でできているため、髪の毛に与えるダメージがありません。どういう成分で出来ているかというと『染料+トリートメント』。そのままですね。笑

自宅にある、シャンプーのあとに付けるトリートメントと同じで、それが髪の毛に色が付くと考えれば分かりやすいと思います。通常のヘアカラー剤は、髪の毛を明るく脱色する力があります。

髪の毛にダメージを与えて髪の毛を染める形になりますが、このヘアカラートリートメントは髪の毛を明るくする力がありません。明るくできないけど、暗くすることはできます。

ヘアカラーは、暗くする分にはまったくダメージが発生しないのです。


白髪の部分の色は落ちやすい。

酸化染毛剤でなくても、白髪や髪の毛を染めることは可能です。しかし繰り返しになりますが、髪の毛を明るく染めることはできません。白髪に関しては髪の毛を明るく染める必要はないので、染まります。

黒髪の髪色を変えることはできませんが、白髪に対してはダークブラウンや茶色など、明るい色でも染めることができます。しかし、ヘアカラートリートメントは色落ちが早いのも事実です。

手で塗っても大丈夫。頭皮についても大丈夫。

手で塗っても大丈夫。頭皮についても大丈夫。

ヘアカラートリートメントは、セルフでできるヘアカラーとして開発されているため、基本的に手で塗っても手が染まったりしませんので大丈夫です。頭皮に付けても染まりません。

なかには、ヘアマニキュアと呼ばれるタール系染料というものでできているタイプがあります。こちらは手に付くと洗ってもほとんど落ちなくなってしまいますし、頭皮にも色が付着してしまいます。

美容師さんや技術がある人にやってもらう時はヘアマニキュアでいいのですが、セルフカラーをするのには向いていません。このプリオールはヘアマニキュアではありませんので、セルフカラーとして向いています。

嫌な臭いがない。頭皮のピリピリした刺激がない。

嫌な臭いがない。頭皮のピリピリした刺激がない。

医薬部外品の酸化染毛剤は、アルカリ剤が原因でツンとした嫌な刺激臭がします。こちらは成分にアルカリ剤(アンモニア)が使われていないため、嫌な臭いは一切しません。

それと同時に、頭皮の刺激もまったくありません。頭皮が乾燥肌や敏感肌の人は、間違いなくこういったタイプのヘアカラーを使うべきです。アルカリ剤が入っていることによって、頭皮の炎症やかゆみ・フケにつながる原因となります。

ひどい場合はかさぶたになってしまうこともあります。それと、酸化染毛剤にはジアミンという染料が使われているため、アレルギー性のひどいかぶれが発症することがありますが、カラーコンディショナーにはそういったことが一切ありませんので安心です。

髪の毛のボリュームがなくなってきた人にもおすすめ!

髪の毛のボリュームがなくなってきた人にもおすすめ!

プリオールカラーコンディショナーは、ツヤと髪の毛のハリコシがアップする成分が配合されています。年齢とともに髪の毛のハリコシや根元の立ち上がりが衰えてきますよね。

トップがぺちゃんこになってしまった髪型は綺麗なシルエットに見えません。そういう悩みがある方にもおすすめです。こういった成分が配合されていることからも、大人のためのカラーコンディショナーであると言えます。

色のラインナップは3色

全3色で、色のラインナップはこちらです。

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ブラウン

真っ黒に染めたい方はブラック、暗めの茶色はダークブラウン、そして一番明るく染まるのがブラウンです。注意すべき点は、白髪には染まっても黒髪は明るくすることができないということです。ブラウンで全体を染めた時は、白髪の部分はブラウンで元々黒髪の部分は黒のままになります。

『それっておかしくなっちゃうんじゃない?』と思いますが、決して変になることはありません。黒髪の部分もブラウンの色で染まるので、見た目こそ黒髪と変わりませんが、少しは明るく見えます。

白髪の部分はブラウンになって、黒髪とブラウンが程良くなじむので、結果的に全体的にはブラックよりも明るく見えるというしくみです。白髪が多い人は、白髪をしっかり染めるのが優先しましょう。






  関連記事

黒髪美人に!失敗しない市販の黒染めはこれがおすすめ!

黒髪にしなければならない時は突然やってくるものです。自分で黒染めをしても失敗しない方法とおすすめも紹介しています。

泡カラーで髪の毛の色が暗くなるヘアカラーの失敗

市販の泡カラーが人気の反面、自分でカラーリングして失敗するケースも。髪の毛が暗くなり過ぎないように髪染めるには?

失敗しない市販ヘアカラーは?色選びと使用方法

市販のヘアカラーで髪染めする時の薬剤の種類と色の選び方、そして使用方法や注意するポイントなどを説明しています。

自分で髪染めるのと美容院のカラーの大きな違いとは?

自分で髪染めるのと美容院のカラーの大きな違いとは?

自分で髪染めるのと美容院でカラーするのとの大きな違いって?市販のヘアカラー剤のメリットとデメリットをまとめました。

市販のミルクジャムヘアカラーで自分の髪の毛を染めてみた!

自宅でカラーするなら失敗しにくいというルシードエルのミルクジャムヘアカラーがいいんだとか。使ってみた感想を紹介します。

セルフカラーは超簡単!市販ヘアカラーで髪の毛染めてみて?

市販のヘアカラーで髪の毛を染めると失敗しやすいイメージありませんか?実はもっと便利で超簡単に染めることができるのです。

生理や妊娠中のヘアカラーは大丈夫?胎児に影響あるの?

生理中や妊娠中にヘアカラーはしても大丈夫なのか?頭皮のかぶれやアレルギーについても併せて説明しています。