*

白髪は抜くよりも綺麗に染めちゃおう!

      2018/04/17

白髪は抜くよりも綺麗に染めちゃおう!

髪の毛はもともと白髪って知ってた?

髪の毛はもともと、白髪で生えてきて色素細胞によって色付けされる仕組みだとか。白髪というのは要するに本来の髪の状態そのままということで、色素細胞が機能しなくなったということも言えます。

白髪の年齢には個人差が大きいですが、20代後半あたりから増えてきて50歳ぐらいになるとほとんど白髪になるというのが一般的です。中には50歳でも黒髪を維持している人もいれば、20代半ばぐらいでも白髪が多い人がいますよね。

個人差が大きいものでもあります。


白髪を抜くのはダメ?

数本ぐらいであればついやってしまうのが『白髪を抜く』こと。これはまったくおすすめしません。白髪は抜くと増えると言われていますが、これは完全な都市伝説なので実際に増えたりはしません。

同じ毛穴から生えて来ている髪の毛ならともかくとして、違う毛穴から生えている毛まで白髪になるということはありえないのです。しかし、白髪を抜くことによって毛根に傷がついたりして頭皮にダメージを負わせてしまうので、できるだけ抜かずにカットするか白髪染めで染めましょう。

まだ成長過程にある髪の毛をあまりに無理やり抜いてしまうと、毛穴から血が出て化膿してしまうことにもなります。

白髪はさっさと染めちゃおう!

白髪はさっさと染めちゃおう!

以上のように、たとえ若白髪で数本しか白髪がなくても抜くのはやめましょう。どうしても目立つのが嫌だという人は、白髪染めでサクっと染めちゃいましょう!

最近の白髪染めは白髪が染まるのはもちろんですが、黒髪もそれなりに明るく染めることができるのでお洒落染め感覚の白髪染めができます。細かく説明すると、白髪に対しては黒くなり過ぎない程度に色素を入れて、黒髪に対しては明るくすることができるからです。

仕上がると、白髪の部分と黒髪の部分が同じぐらいの明るさになるため、普通に髪の毛を染めたのと変わらない見た目になります。もし白髪がどうしても気になるようであれば、気にしているとストレスになるのでさっさと染めるのが賢明です。


白髪染めはセルフでも簡単に染められる!

本当なら美容院や床屋で白髪染めをしてもらうのが一番ラクですが、時間がなかなかつくれなかったり、美容院が苦手だという人もいるかと思います。それに、自分でやるとかなり安上がり。

しかし、自分で髪を染める場合は、ヘアカラー剤を用意しなければなりません。スーパーやドラッグストアに置いてある市販のヘアカラー剤を購入して使うと思います。いろんなメーカーのヘアカラー剤がありますが、どれを使っていいのか悩みますよね。

大して変わらないと思うかもしれませんが、実はヘアカラー剤はメーカーや商品によってかなり違いがあります。白髪染めは、白髪と黒髪を同時に染めるヘアカラー剤。自分でヘアカラーする場合は、白髪がしっかりと染まるタイプを使用しましょう。

髪も頭皮もダメージ0の泡カラー

私が使用している白髪染めはラサーナという商品です。男女兼用。白髪染めの中でもトリートメントヘアカラーと呼ばれるもので、何が良いのかと言うと髪にも地肌にもダメージなしで染められて、さらに髪質まで良くなるヘアカラー剤です。

そして何よりも、もの凄く簡単!お風呂場でシャンプーの後にトリートメントを付けるような感覚で、手にとって髪に塗布して10分時間を置くだけです。髪の毛につけたら体を洗ったり歯を磨いていたり湯船に浸かっていればあっという間に完成です。

失敗しないためにはやっぱり簡単が一番ですね。あと髪の長さにもよるのですが、1本で約6回分の量が入っていて普通のカラー剤は使い切りなんですがこちらは残りを保存しておけます。例えば白髪が気になった時にそこの部分だけ染めたり、いろんな使い道があります。

白髪染めですが、白髪のない人でも毛先が明るくなりすぎたのを落ち着かせることにも使えます。色はブラックダークブラウンがあります。お風呂場に一本置いておくといざという時に便利です。






  関連記事

白髪も染まる!ヘナを使った上手な染め方とコツ

ヘナを使って白髪染めをしている人は増えているようです。そもそもヘナとは何なのか?ヘナの染め方とコツを紹介しています。

髪の毛の赤味を抑えて白髪を染めるには?

ヘアカラーをすると髪の毛に赤味が出てくる理由とその対策を説明します。自分で白髪染めをする場合は?

面倒臭い白髪染めが簡単!?週一回のシャンプーだけで黒髪に「グローリン・ワンクロス」

白髪って、染めても染めてもすぐ根元が白くなってしまっていやになっちゃいますよね。 「この前染めたばっかりなのに、もう白くなってる・・・」なんてガッカリすると、外出する気に

30代や40代でもおすすめ!アッシュブラウンならお洒落な白髪染めができる!

30代40代以降になると白髪染めがメインとなりますが、「いかにも白髪染め」といった仕上がりになりがちです。そんな時こそアッシュブラウンがおすすめな理由を紹介します。