*

自分で簡単に出来るトリートメントカラーがおすすめ!

      2018/04/17

自分で簡単に出来るトリートメントカラーがおすすめ!

『美容院に毎月行くのは大変だから、家で簡単に白髪染めが出来たらいいな』と思っている人はたくさんいると思います。白髪はすぐに伸びてきちゃうし、すごく目立つ嫌な奴です。

白髪が多いと、見た目年齢的にも老けて見えちゃうし、手っ取り早くどうにかしたいものですよね。大切な人と会うことになった時、大事な商談が入った時、家族と旅行に行く時など、人それぞれ身だしなみを整えなきゃと思う時は急にやってくるものです。

そんな時に、自分で白髪染めを簡単に出来るヘアカラーを目的別に分けてランキング形式で紹介します。その前に白髪染めの知識や手順をおさらいしましょう。


自宅で自分で白髪染めするならお風呂場が安全

自宅で自分で白髪染めをする時におすすめの場所はやっぱりお風呂場。ヘアカラーを美容院でやってもらう分にはいいですが、自宅で自分でするとなると気をつけなければいけないのが『とにかく周りが汚れる』ということです。

いまでは白髪染めにもクリームタイプから泡カラーなど色んな剤形が発売されていますが、それでも少なからず周りに飛び散ってしまいます。白髪染めは白髪をしっかり染めるだけの染料が入っているため、他の部分に付着してしまうと、クリーニングに出しても落ちません。

自分では気付かなくても、絨毯、カーペット、ベッドシーツ、服、フローリング、畳など、いつの間にか付着してしまっているものです。そんな大事な身の周りを汚さないためにも、白髪染めはお風呂場で行いましょう。

昔の白髪染めは、塗布してから30分ぐらい時間を置かなければならなかったのです。今の白髪染めは5分~10分程度でいいので、体を洗っている間や湯船に浸かっている間に完了できます。

白髪染めにも色々な種類があります。

美容院で使う白髪染めは医薬部外品という分類の酸化染毛剤というものです。このタイプのヘアカラーは美容師さんにやってもらう分にはいいのですが、自分でやると失敗しやすいのです。

そこで、自分で白髪染めするのに一番簡単なのは『トリートメントカラー』というもの。これはイメージとしてはトリートメントとヘアカラーが一つになったものです。

  • 白髪がしっかり染まる。
  • 髪の毛にダメージが全くなくトリートメントも同時にできる。
  • 手でシャンプーするように揉み込むだけ。
  • 頭皮に付いても刺激もなく安全。
  • 嫌な臭いがない。
  • 残りを保存できる。

このように、自分で白髪染めするにはとても便利なものです。


トリートメントカラーの使用方法

商品にもよりますが、基本的な使用方法はこの2パターン。

  • シャンプーした後に手で付けて時間を置く⇒すすぎ。
  • 乾いた髪に手で付けて時間を置いて⇒シャンプー。

置く時間は平均して10分ぐらい。もの凄く簡単ですよね。トリートメントカラーにもいろんな商品が発売されているので、それぞれの特徴とともにおすすめの白髪染めを紹介します。

▼▼おすすめのポイント

トリートメントカラーは通常は化粧品登録ですが、しっかり濃く染まって色持ちが長いことがメリット。そして泡で使えるのでとにかく使いやすい!色落ちによる赤味も出にくい。

髪の毛が硬い人や白髪が染まりにくい人、5分ぐらいで染めたい人、次回まで長持ちさせたい人は迷わずこれを使用して下さい。1度に使う量は少量で済み、残りは次回までしっかり保存できます。

白髪染めまとめ

どれをとっても人気商品ばかりをランキングしましたが、そんな中でも値段は様々ですね。とりあえず白髪さえ染まれば出来るだけ安い方が良いという人もいれば、多少高くても頭皮や髪の毛も良くしたいと考える人もいます。

他にも、敏感肌だから何よりも地肌に安心を優先したいという人もいれば、いつも色落ちが早いからしっかり染めて長持ちさせたいという人もいるかと思います。なかには、何回も注文するのが面倒だから高くても容量が多ければそれで良いという人もいます。

それぞれ、白髪染めという以外の目的は違うと思います。白髪染めの商品にもそれぞれ色んな特徴があるので、ぜひランキングを参考にして自分にあった白髪染めを見つけて下さいね。


公開日:
最終更新日:2018/04/17