*

口コミでくろめトリートメントヘアカラーで白髪染めをするのが人気!

      2015/11/12

ヘアカラートリートメント

自分でお風呂でヘアカラーをしてみたいけど、どの薬剤を使っていいのか分からない方はこちらの記事を参考にしてみてください。

突然ですがトリートメントヘアカラーという分類のカラー剤を知っていますか?呼び方はいろいろあって、「ヘアカラートリートメント」「トリートメントカラー」とも呼ばれています。


髪も頭皮もまったく傷まないトリートメントヘアカラーとは?

普通のヘアカラー剤と何が違うのかというと、普通のヘアカラー剤は薬事法上の分類で、医薬部外品になり、1剤と2剤を混ぜて使用するものです。

それに対してトリートメントヘアカラーは化粧品の分類で、剤形は普通のトリートメントみたいなクリーム状になっています。

どちらも髪を染めることに変わりはないのですが、トリートメントヘアカラーは髪を明るくできません。

その代わり、最大のメリットとして髪と頭皮にダメージがまったくありません。

むしろトリートメント効果があるのでさらに髪質が良くなります。だからといって白髪もしっかりと染まります。

それなので、こういう人が使うのに向いています。 

  • 白髪が多い人が髪を染める場合。 
  • 普段は普通のヘアカラーをしている人で、毛先が色落ちして明るくなってしまったのを簡単に染め直したい場合。ロングの方におすすめ。 
  • 頭皮が弱い方やアレルギーなどのかぶれが心配な方

どれぐらい色を入れれるかというと、白髪の人が真っ黒に染めることも出来ますし、金髪ぐらいの人がブラウンを使用して茶髪程度に少し暗くすることも出来ます。

トリートメントヘアカラーは、色のラインナップがブラック、ブラウン、ダークブラウンなど、色の暗さによって数種類ぐらいあるのが普通です。

注意点ですが、繰り返しますが髪を明るくすることは出来ないので、白髪の少ない人が白髪の部分は黒や茶色に出来ますが、黒髪の部分はそのまま黒髪で仕上がります。

なので、白髪混じりの髪の人が、ブラックで染めた場合は全体が黒髪で仕上がりますので問題ありません。


ほとんどが白髪の人は、ブラウンで染めれば仕上がりは全体的にブラウンの色で染まりますので、結果的には明るい白髪染めが出来ます。

そして普通のヘアカラー剤と比べれば、色落ちが少しだけ早いのも事実ですが、髪へのダメージがまったくないため、傷んで色落ちがするということはありません。

普通のヘアカラー剤は毛髪の内部にまで染料が入り込みますので、色持ちは良いのですがその分ダメージをともないます。

トリートメントヘアカラーは、トリートメントのように髪の表面にのみ吸着します。

普通のヘアカラー剤に比べて、すごく気軽にヘアカラー出来ます。

色落ちが少し早いとはいっても2週間~4週間ぐらいは色持ちがしますし、落ちてきて色が薄くなってきても、すぐにまたお風呂で髪に付ければいいだけなので簡単です。

いろいろとトータルして判断すると、自宅でセルフカラーをする人にとっては、トリートメントヘアカラーが圧倒的におすすめできます。

トリートメントヘアカラーの使い方

使用方法はとても簡単で、それこそトリートメントをするのと一緒です。

シャンプーの後に手またはクシで髪全体に付けて、10分時間を置くだけで染まります。

手で付ければいいだけなので、失敗のしようがありませんね。

そして置く時間や使用回数で色の濃さが調整出来てしまうとても便利なものです。

白髪を染めたり、明るくなってしまった毛先を染めて落ち着かせたり、さらに髪質もよくなり、カブレの心配もないというセルフカラーにはもってこいのアイテムです。

どうしても商品の特徴からか、年配向けのヘアカラーに見えてしまいますが、男性や若い女性でももちろん大丈夫です。

くろめヘアカラートリートメント

トリートメントヘアカラーは何社からも商品は発売されいる人気商品ですが、口コミ人気ランキング1位を連続受賞しつづけているサラヴィオ化粧品『くろめヘアカラートリートメント』が圧倒的な人気。

このサラヴィオ化粧品というメーカーは、世界育毛会議で日本初グランプリを受賞した本格的な頭皮ケアや育毛の研究に力をいれている国内でも世界でもトップクラスの頭髪化粧品メーカーです。

妊婦さんでも使えるほど安心・安全。

そして、商品に絶対的な自信を持っており『送料無料、満足できなければ全額返金付き』というサポートがありますので、安心です。

色は、ブラックダークブラウンライトブラウンの3色。量は200gで、ショートの方で約15回分使用できるたっぷりサイズで、2,980円という量から見ても決して高くない良心的な価格です。

実はこれ、かなり便利なんです!

こんな使い方もできます。白髪染めに限らず、ロングの人で毛先の褪色や色落ちで明るくなってしまった髪落ち着かせたい人におすすめです。

ライトブラウンなら暗くなりすぎる心配もありません。






  関連記事

no image

髪が傷まない?ヘアマニキュアが髪に染まるしくみとヘアカラーの違い

全く髪が傷まないヘアマニキュアとヘアカラーの染まるしくみの違いを説明。ヘアマニキュアは市販ではトリートメントカラーとも呼ばれたりします。

白髪染めで頭皮のヘッドスパが?頭皮環境改善で育毛効果につながる!

最近テレビのCMでもやってる白髪染めトリートメント。今までのヘアカラーと比べて何が良いのかまとめました。面倒な白髪染めがもっと手軽にできるようになりますよ!